・写楽役者絵

謎多き浮世絵絵師・東洲斎写楽の小判役者絵。雲母(きら)がふんだんに使われており、
見る角度を変えることによって小さな宝石が散りばめられているように光輝きます。

江戸手摺り木版画

「谷村虎蔵の鷲塚八平次
(たにむらとらぞうのわしづかやへいじ)」